ダイビングやツアー各種ご案内!

お見積り等もお気軽にお尋ねください!

home sitemap
お電話番号 090-4513-0892
担当者直通!お気軽にお問い合わせください!

青の洞窟シュノーケリング

手軽に青の洞窟を楽しめるマリンアクティビティ! 少人数制ガイドで泳げない方でも安心。

シュノーケリングコース詳細
料金 1人3,500円(税込)
開始時間 夏季:8時・9時・10時・11時・12時・1時・2時・3時・4時
冬季:9時・11時・1時・3時
所要時間 2時間〜2時間30分
参加条件 130cm以上(子供)〜59歳・持病や病歴をお持ちでない方
準備物 水着(下着OK)・タオル
無料サービス 水中写真撮影(動画OK)・餌付け体験・器材フルレンタル
支払方法 現金のみ(当日お支払いください)
集合場所 真栄田岬 Google Mapで見る

※コースに参加を希望される方は利用規約・注意事項を必ずご確認ください。
※青の洞窟付近が高波の場合は、安全な海域にポイントを変更してご案内致します。 別のポイントでは、透明な海とサンゴ礁、熱帯魚を楽しんでいただけます。

シュノーケリングとは?

シュノーケルやライフジャケットを装備して水面から水中世界を楽しむマリンスポーツです。 水中に潜ることはありませんので、小さなお子様でも安全に海を楽しむことができます。 安価でマリンスポーツを楽しみたい方に最適です。

サービス・特典

<無制限>水中写真無料サービス

シュノーケリング中は、ガイドスタッフが制限なしに皆様の写真撮影をいたします。 沖縄旅行の素敵な思い出をたくさん残しましょうね。

器材レンタル無料サービス

シュノーケリングで必要となるスーツや器材は全て無料でご用意いたします。 水着や着替え、タオルがあれば、いつでもご参加いただけますよ。

熱帯魚に餌付け体験付き

シュノーケリングをしながら熱帯魚に餌やりができます。 普段は近くで見ることができない熱帯魚たちが目の前までやって来ますよ。 食欲旺盛な姿は迫力満点です。

安心サポート

シュノーケリングではガイドスタッフがボードを持って皆様を先導いたします。 泳がずにボードにつかまるだけでシュノーケリングを楽しんでいただけますので泳げない方でもご心配なく。

体験ダイビングの日程

集合 受付&支払い 着替え
集合 受付 着替え
ピンクマーメイドのトラックに集まります。 申し込み用紙の記入と料金の支払いをします。 ウエットスーツに着替えます。
説明 出発 エントリー&開始
説明 出発 開始
シュノーケルの使い方や海での注意点の説明を受けます。 準備ができたら海へと出発します。 水深が浅い場所から海に入り、シュノーケリングスタートです。
青の洞窟到着 餌付け体験 終了&エキジット
青の洞窟到着 餌付け 終了
100mほど泳ぐと青の洞窟に到着です。神秘的な洞窟で記念撮影。 熱帯魚に餌をあげて触れあいましょう。 約40分シュノーケリングを楽しんだら終了です。
帰着 シャワー&着替え スーツ返却&解散
集合 受付 着替え
集合場所に戻り器材を返却したら更衣室へ。 シャワーや着替えをします。 ウエットスーツを返却したら解散です。

青の洞窟で沖縄ダイビング、沖縄シュノーケリングを楽しむ

沖縄青の洞窟でダイビング、シュノーケリングを楽しむには階段を下りて海に向かって右の岸壁に沿って泳いでいきます。 途中ロクセンスズメダイやクマノミ、ツバメウオを楽しみながら青の洞窟へゆっくりと泳いでいきましょう。 階段を下りたエントリー場所から青の洞窟までの距離は約120m。 ゆっくり泳いでも10分程度で青の洞窟に到着できます。

さあ青の洞窟の入り口が見えてきました。

青の洞窟の全体図は下記の通りです。洞窟入口の幅は約3m、奥行きは約38m。最大水深は7m。 入口から岩壁に沿って右側通行で泳いでいきます。 青の洞窟の一番きれいなポイントはシュノーケリングの場合は①の場所、ダイビングの場合は②の場所。 それぞれ青の洞窟が一番きれいに見える場所で記念写真を撮ります。

青の洞窟の水中から撮影するとこんな感じです。 洞窟入口、もしくは一番奥のほうに行くとリュウキュウハタンポの群れを見ることができます。

青の洞窟内部はドーム状になっており、全長約38mもありますが、横幅は3~6mと狭いところもあります。 また7月から9月のピーク時には観光客で大変込み合いますので、下記の注意事項を守りましょう。


  • 右側通行で泳ぐこと
  • バタ足は控えめにすること
  • 込み合っている場合はできるだけ立ち泳ぎの姿勢を保つこと
  • 素潜りは絶対にしないこと

さて、青の洞窟の一番奥へ進んでいくとアカマツカサの群れを見ることができます。

しかしながら洞窟の奥は大変暗いので水中ライトがないと写真のように色鮮やかなアカマツカサやハタンポを見ることはできませんし、探すこともできないかもしれません。 水中ライトを持参すれば、より青の洞窟も楽しめるでしょう。

青の洞窟の奥に突き当たると、引き続き右側通行で進んで行きます。 まだ青の洞窟のきれいな景色は見ることができません。 そのまま右側通行で進んで入り口付近(図の①)まで行くと写真のようなきれいな景色を見ることができます。

晴れの日と曇りの日では青の洞窟の光の色は違います。写真は晴れの日の青の洞窟。どちらかといえば、グリーンに近いかもしれません。 曇りの日でも青の洞窟はきれいですが、より濃い青に光って見えます。 シュノーケリングのツアーに参加した場合はここで記念写真を撮ります。

ちなみに、青の洞窟ダイビングにツアーに参加した場合は下記の写真のようになります。

洞窟入り口を背面に撮影するとシルエットが非常に綺麗ですよね。

青の洞窟を楽しんだ後は、洞窟の外に出て熱帯魚への餌づけ体験です。たくさんの熱帯魚が触れるぐらいの距離まで集まってきます。

(左:シュノーケリング時の餌付けの様子。右:ダイビング時の餌付けの様子。)

シュノーケリング、ダイビングツアーを水中で楽しめる時間は約40分間。青の洞窟も熱帯魚もサンゴ礁も全て楽しむことができます。

ツアー終了後はシャワーを浴びて、着替えたら解散です。ツアー中に撮影した写真のデータは当日、もしくは3日以内にお客様に送られます。

PAGE TOP